法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

弁護士 刑事事件お悩み解決プラン<仕事をクビになりたくない>

仕事をクビになりたくない

仕事を続けたい・逮捕中の会社対応 → アトムに頼んで円満解決

アトムの弁護士なら、逮捕・勾留中の会社対応もお任せください。

せっかく事件が不起訴処分で終了しても、会社を解雇されてしまっては、今後の生活に大きな支障が生じます。これらの不利益は、逮捕・勾留中に弁護士が適切な会社対応を取ることで、回避できる場合があります。アトムでは、事案の性質に応じて、ご依頼者様が無事に職場復帰できるよう、柔軟な対応を心がけています。

弁護士が会社対応した場合のメリット
  • ① 会社に逮捕された事情を説明する。
    会社に対する逮捕理由の説明は、事件の性質によって異なります。アトムの弁護士であれば、過去に多くの会社対応を行ってきたため、事件の性質に応じた適切な対応が可能です。えん罪トラブルで逮捕されてしまった場合は、ご依頼者様の意向をくみ、会社にその旨を説明し、経営陣の理解を得るように努めます。他方で、実際に罪を犯して逮捕された場合でも、弁護人には守秘義務があるため、会社に対しては、ご依頼者様の利益を踏まえて、柔軟に対応することができます。
  • ② 逮捕・勾留からの早期釈放を実現する。
    多くの会社にとって、逮捕による従業員の長期欠勤は致命的です。そのため、会社にとっても、ご依頼者様にとっても、早期に留置場から釈放されることは大きな意味をもちます。アトムでは、ご依頼者様のスムーズな職場復帰を実現するため、特に、留置場からの早期釈放に力を入れています。詳しくは、「釈放して欲しい」のページをご参考ください。
  • ③ 会社に事件の結果を説明する。
    事件が不起訴処分で終了しても、ご依頼者様ご本人が口頭で事情を説明するだけでは、会社の誤解を解くことは困難です。そこで、アトムでは、事件が不起訴処分で終了した場合は、必ず検察官から「不起訴処分告知書」という書面の交付を受け、ご意向に従い、会社に対して、ご依頼者様の不起訴を書面で証明するようにしています。このような対応を取ることで、ご依頼者様の円滑な職場復帰と名誉の回復が可能となります。

弁護士に依頼する場合の注意点

刑事事件においては、捜査の進展とともに、捜査機関やマスコミを通じて、会社に事件のことが伝わる危険が高まっていきます。そこで、身柄拘束をされた場合はもちろんのこと、自身が捜査対象になっていると思われる段階でも、早期に対応することが有効です。一度、マスコミ報道やインターネット掲示板に事件のことが載ってしまうと、事後的に名誉を回復することは著しく困難です。また、こうした情報がもとで、会社に迷惑をかけたとして、解雇される危険性も高まります。このような事態を防ぐには、早期に法律相談を受けた上で、十分な対策を練る必要があります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。