法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

弁護士 刑事事件お悩み解決プラン<執行猶予にしてほしい>

執行猶予にしてほしい

刑務所には行きたくない・刑務所に行きたくない → アトムに頼んで円満解決

アトムの弁護士なら、執行猶予の獲得に向けた活動を行います。

アトムの弁護士は、ご依頼者様の絶対の味方です。ご依頼者様が起訴され、刑事裁判が開かれることになっても、アトムの弁護士が付いた場合は、ご依頼者様の利益を実現するため、執行猶予の獲得に向けて全力を尽くします。起訴され事件が刑事裁判になった場合は、検察官から裁判で懲役刑(又は禁錮刑)を求刑されるのが通常ですが、執行猶予が獲得できれば刑務所に入る必要はありません。

執行猶予が獲得できた場合のメリット
  • ① 刑務所に行かなくてもいい。
    執行猶予なしの判決(実刑判決)が下された場合は、直ちに法廷から拘置所に連行されることになりますが、執行猶予付きの判決(執行猶予判決)が下された場合は、その場で釈放され、その後も直ちに刑務所に行く必要はなくなります。執行猶予とは、刑罰を受けなければならないという有罪判決の効果を一定期間眠らせる制度で、一定期間何も悪いことをしなければ、最終的にその判決の効果は消滅します。つまり、執行猶予期間が平穏無事に終わった時点で、刑罰権は消滅し、今回の事件で刑務所に行く必要はなくなります。
  • ② 留置場や拘置所から釈放される。
    執行猶予なしの判決(実刑判決)が下された場合は、法廷から拘置所に連れ戻されることになりますが、執行猶予付きの判決(執行猶予判決)が下された場合は、その場で釈放され、自宅に帰ることができます(所持品などを留置施設に置いてきた場合は、施設の職員と一緒に取りに戻ってからの釈放となります)。自宅に帰った後は、通常の日常生活を送ることができ、引っ越し、結婚、進学なども自由ですし、海外旅行も、渡航国のビザ取得などの問題がなければ、特に制限はありません。
  • ③ 取締役などの欠格事由に該当しない。
    会社の取締役の立場にある人が、刑法や各都道府県の条例に違反するなどして有罪判決を受けたとしても、執行猶予つきの判決を得ることができれば、法律上は引き続き取締役の職務を遂行することができます。
    (参照条文)
    会社法331条(取締役の資格等)
    1項 次に掲げる者は、取締役となることができない。
    4号 前号に規定する法律の規定以外の法令の規定に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)

弁護士に依頼する場合の注意点

執行猶予の獲得を目指す場合は、①事件の見込みを正確に立てることができ、②被告人のことを親身になって考える弁護士を探すことが大切です。
まず、刑事事件の経験が浅い弁護士の場合、事件の見込みを立てることができず、適切な弁護活動を選択することができません。例えば、示談すべき事件で示談を進めず、必要なケアができないまま、実刑になってしまう可能性などが考えられます。
また、犯罪者に対して偏見的で、被告人のことを親身に考えない弁護士だと、弁護活動が疎かになりがちです。執行猶予付きの判決は、法律上の要件が備わっているだけで得られるものではありません。被告人が社会の中で更生できるということを、裁判官に対して十分に主張する必要があります。被告人と真摯に向き合う姿勢をもった弁護士を見つけることが、執行猶予獲得への第一歩です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。