法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

弁護士 刑事事件お悩み解決プラン<釈放して欲しい>

釈放して欲しい

釈放してほしい・保釈してほしい → アトムに頼んで円満解決

アトムの弁護士なら、釈放に向けた弁護活動を行います。

アトムの弁護士は、ご依頼者様の絶対の味方です。ご依頼者様が逮捕・勾留されても、アトムの弁護士が付いた場合は、ご依頼者様の利益を実現するため、一日も早い釈放に向けて全力を尽くします。釈放に向けた弁護活動としては、主に、①勾留阻止による釈放、②保釈による釈放、③処分保留(不起訴)による釈放、又は④略式手続きによる釈放を目指す活動が考えられます。

釈放された場合のメリット
  • ① 勾留阻止による釈放のメリット
    逮捕されたとしても、これに続く勾留が認められなければ、被疑者は72時間以内に釈放されます。勾留阻止によって釈放された場合は、その後、事件は在宅事件に切り替わり、自宅から警察署に出頭して取り調べを受けることになります。この出頭は、逮捕・勾留されている場合と異なり、「任意」であることが刑事訴訟法により保障されています。また、釈放後は、自由に職場や学校に通うことができ、今までどおりの日常生活を送ることができます。
  • ② 保釈による釈放のメリット
    事件が起訴された後は、弁護士を通じて保釈を請求し、これが認められれば留置場から釈放されます。保釈により釈放された後は、自由に職場や学校に通うことができ、旅行や住居に関する一定の制限以外は、今までどおりの日常生活を送ることができます。これにより、自宅から法律事務所に通って、弁護士と打ち合わせを重ね、来る刑事裁判に向けて充実した準備を行うことが可能になります。
  • ③ 処分保留による釈放のメリット
    逮捕・勾留されたとしても、捜査の結果、犯罪の立証ができなかったり、被疑者に有利な事情が認められたことにより、検察官から不起訴処分が獲得できれば、留置場から釈放されます。不起訴処分が獲得できると、今回の事件について刑事裁判が開かれないことになるので、前科が付くこともありません。また、法律上、何らの制限を受けることもなく、日常生活を送ることが可能になります。
  • ④ 略式手続きによる釈放のメリット
    勾留期間の間に、検察官が事件を起訴すると決めた場合でも、裁判所に対して正式な刑事裁判を開くことを求める公判請求ではなく、簡易な書類上の裁判を求める略式請求により事件が起訴された場合は、罰金を支払うことを条件に、留置場から釈放されます(略式罰金)。罰金も刑罰の一つではありますが、法廷に出る必要はなく、罰金を支払うことによって、自宅に戻り、社会生活を送ることができます。

弁護士に依頼する場合の注意点

釈放を目指した弁護活動は、限られた時間の中で行わなくてはなりません。特に、逮捕直後の釈放を目指した活動は、72時間という時間制限の中で行わなければならないため、非常にタイトです。

そのため、被疑者の釈放を目指す場合は、できるだけ早い段階で法律相談を受け、弁護士に事件を依頼することが望まれます。

アトムでは24時間体制で法律相談のご予約を受付け、逮捕勾留されている被疑者のご家族に対しては、無料法律相談を実施しています。釈放に向けた弁護活動をお考えの方は、まずはお気軽にアトムまでお問い合わせ下さい。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。