法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

弁護士 刑事手続きのQ&A<刑務所ってなに?>

刑務所ってなに?

Q1. 刑務所ってどのようなところでしょうか。

日本の刑事施設には、刑務所・少年刑務所・拘置所があります。2008年1月現在、刑務所が60か所、少年刑務所が8か所、拘置所が7か所、刑務支所が8か所、拘置支所が104か所あり、合計で187か所の施設があります。これらの刑事施設は、法務省が所管しています。

刑務所は主として成人の受刑者を収容し、処遇を行う施設です。少年刑務所は、主として、成人に満たない男性を収容し処遇を行います。拘置所は、主として刑事裁判が確定していない未決拘禁者を収容する施設です。

裁判の結果、身体拘束を伴う刑罰が確定しその刑に服することとなった人を収容する施設が刑務所です。刑務所では、被収容者を収容し、改善更生・社会への円滑な復帰などを目的とする様々な処遇を行います。

刑務所に収容されるのは、懲役刑を言い渡された懲役受刑者と、禁錮刑を言い渡されたそれ以外の被収容者です。懲役受刑者は刑務作業をすることが義務付けられていますが、懲役受刑者以外の被収容者は刑務作業をすることが義務付けられていませんので、裁判があるとき以外は居室内にいて読書などをして過ごすことができます。ただ、刑務作業を義務付けられていない場合も、ほとんどの場合自ら希望して刑務作業を行っています。

日本では、検察庁が被疑者として受理する延べ人員は、毎年200万人以上にのぼります。そのうち懲役や禁錮の刑が確定するのは約8万5千人です。そしてそのうちの6割の人は、執行猶予付きの有罪判決となり実際に服役はしません。残りの4割程度の人が実際に刑事施設に収容され、その人数は毎年約3万3千人です。このように、実際に刑事施設に収容される人員は、検察庁が受理した人員の約1.6パーセントにすぎません。犯罪者は裁判にかけられたら刑務所に行く、というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際に刑務所などの施設に行く人は犯罪者の中でも一部の人なのです。

刑務所では、なるべく似たようなタイプの受刑者を集めるために、法律で刑務所ごとの収容区分が決められています。これを収容分類といいます。

  犯罪傾向が進んでいない者 犯罪傾向が進んでいる者
分類 A級 B級
要件 以下の①~⑤を全て満たす者
①刑務所受刑歴がない(あっても出所から5年以上が経過している)
②少年院入院歴は1回限り
③反社会的な集団に属したことがない
④犯行が偶発的である(計画的ではない)
⑤過去1年以内に薬物・アルコール依存がない
A級以外の者

近年の受刑者の特徴は、高齢受刑者や女子受刑者の増加が著しいことです。高齢受刑者はこの10年で2.7倍、女子受刑者は2.5倍に増えています。また外国人の受刑者も、この10年で2倍に増加しています。なお、新しく刑務所に入る受刑者のうち約半数は再び刑務所に入る再入者です。そのため、ひとたび刑務所に入った者が釈放された後に再び罪を犯さないよう、社会復帰できるように支えていくのも、刑務所の重要な課題となっています。ちなみに、民間企業が運営に一部参加するPFI方式による刑務所や交通刑務所では、比較的開放された処遇が実施され、社会復帰の促進が図られています。

Q2. 実刑の有罪判決が下された場合、いつから刑務所に入らなくてはいけないのでしょうか。

逮捕・勾留の後に起訴された事件(身柄事件)においては、第一審での実刑判決の言渡し後、拘置所に収容され(保釈されていた事件を含む)、判決の確定を待って、所定の刑務所に収監されます。判決は、控訴の申し立てをしない限り、判決言渡しの日の翌日から14日後に確定します。この場合、しばらくは拘置所での生活が続き、その間に面談や面接が行われ、収監先の刑務所が決定されます。判決確定後は、「被告人」は「受刑者」になるため、拘置所での生活にも刑務所での生活に準じた規則が適用され、家族との面会や手紙のやり取りは著しく制限されることになります。

自宅にいる状態で起訴された事件(在宅事件)においては、実刑判決が確定した後、10日前後で検察庁から書面で呼び出しを受け、自らの足で検察庁に出頭した後、拘置所に収容されます。控訴後に保釈が認められた事件でも、同様の流れになります(例:堀江貴文ライブドア元社長の収監)。

Q3. 刑務所内ではどのようなことが行われるのでしょうか。

(1)「作業」

①受刑者に規則正しい勤労生活を行わせることにより、その心身の健康を維持し、勤労意欲 を養成し、規律ある生活態度及び共同生活における自己の役割・責任を自覚させる、②職業的知識及び技能を付与することにより、その社会復帰を促進することを目的として行われます。木工や印刷、炊事・清掃、さらには資格取得を目指す「職業訓練」といったものがあります。

(2)「改善指導」

受刑者に犯罪の責任を自覚させ、社会生活に適応するのに必要な知識や生活態度を習得させるために必要な指導を行うものです。薬物依存離脱指導・暴力団離脱指導・交通安全指導といったことも行われます。

(3)「教科指導」

更生や円滑な社会復帰のために必要な基礎学力が不十分である受刑者には、小・中学校の教科の内容に準ずる指導が行われます。場合によってはさらに高度な指導がなされることもあります。

受刑者の1日
6:45 起床します。その後、洗顔やトイレを済ませ、朝の点検を待ちます。
7:00 点検の時間です。朝の点検では、逃亡者がいないかどうか人数を確認し、職員が受刑者の健康状態などを確認します。その後、朝食をとります。朝食後は、居室を出て、作業をする工場に向かいます。通常は共同室ごとに列を作り、並んで整然と向かいます。途中で作業着に着替え、その時に不正な物品の持ち出しがないか、身体に異状ないかを検査されます。
8:00 準備体操などをした後、作業を開始します。
9:45 15分間の休憩をとります。
10:00 作業を再開します。
12:00 40分間、昼食をとります。
12:40 作業を再開します。
14:30 15分間の休憩をとります。
14:45 作業を再開します。
16:40 作業を終了します。
17:00 点検の時間です。朝と同様の点検を受けます。その後、夕食となります。
18:00 余暇の時間です。テレビやラジオを視聴したり、読書や勉強をしたり、家族などにあてて手紙を書いたりします。
21:00 就寝します。

刑務作業の時間には、30分以上の運動時間が設けられています。また、家族との面会などもこの時間帯に実施され、また入浴が許される日は、入浴もこの時間帯に行われます。

Q4. 刑務所に入っている間、家族と会ったりすることはできるのでしょうか…。

原則として刑務所職員の立ち会いなしに、親族らとの面会が可能です。1回あたり30分程度とされています。また、手紙の授受も可能です。ただし、面会や手紙の授受の回数制限が設けられているほか、手紙の内容は事前に確認され、施設の管理運営に支障を及ぼすと判断されれば、抹消(黒塗り)されたり、授受が禁止されたりする可能性があります。さらに、現金や日用品を差し入れることは原則誰でも可能です。ただし、施設の管理運営に支障を及ぼすようなものは差し入れできません。

Q5. 食事やお風呂などはどうなっているのでしょうか…。

受刑者の健康状態・年齢・作業内容などを考慮して、カロリーや栄養の計算がなされた食事が与えられます。これは税金で賄われています。宗教上の問題にも配慮してもらえます。

入浴は、1回15分程度のものが週に2回以上認められます。夏場は入浴回数も増えます。

他に、運動時間も設けられ、刑務所内の医療設備の充実も図られています。受刑者の生命・健康の維持には常に気を配っています。

Q6. “仮釈放”という制度があると聞いたのですが…。

仮釈放とは、刑期の3分の1以上を経過した者に、反省の様子が見られ再犯のおそれがないと判断された場合に、刑期満了以前の釈放を認める制度です。 刑期の3分の2を経過したころ仮釈放が認められることが多いようです。

仮釈放中は保護観察に付され、残りの刑期中特に問題を起こさなければ、残刑満了時点で刑の執行は終了となります。仮釈放中に罪を犯したり、遵守事項を遵守しなかったりした場合は、仮釈放が取り消される場合があります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。