法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件 弁護 逮捕<強制わいせつ>

強制わいせつ事件の弁護プラン

強制わいせつの容疑をかけられても、弁護活動によっては前科がつきません。

警察から犯罪を疑われているとしても、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。
強制わいせつ罪は、被害者の告訴がなければ起訴できない親告罪(しんこくざい)です。そのため、強制わいせつ事件の場合は、弁護士を通じて被害者の方に謝罪の意思を伝えて賠償を尽くし、結果告訴を取り消してもらうことができれば、不起訴処分を獲得することができます。
もっとも、告訴の取り消しは、事件が起訴される前に行う必要があります。事件が起訴された後に告訴が取り消されたとしても、さかのぼって起訴が無効になることはありません。したがって、強制わいせつ事件においては、弁護士による示談締結のスピードが、ご相談者様に前科をつけないこととの関係で極めて重要になってきます。
他方で、ご相談者様がわいせつ行為をしていないにもかかわらず強制わいせつの容疑をかけられてしまった場合は、弁護士を通じて無罪を主張し、検察側の証拠の信用性を争うことで、不起訴処分を獲得することができます。
また、わいせつ行為が両者の合意に基づく場合も、強制わいせつ罪は成立しません。この場合は、弁護士を通じて検察官に対し、行為の当時は二人の間に合意があったことを主張し、被害にあったと称する相手方の供述を争うことで、不起訴処分を獲得することができます。

強制わいせつで逮捕されても弁護活動によっては早く留置場から出ることができます。

早く留置場から出るためには、逮捕の後に勾留されないことが大切です。
強制わいせつの容疑で逮捕された場合は、通常、検察官は勾留の請求を行うため、勾留の決定を阻止するためには、裁判所に働きかけていく必要があります。強制わいせつ事件の場合は、強姦致死傷罪など重大事件の場合と異なり、ケースによっては弁護活動によって勾留の決定を阻止することが可能です。
また、仮に勾留が決定されてしまったとしても、その後に弁護士を通じて相手方と示談を締結することで、勾留が長引くことを防ぎ、通常よりも早く社会復帰することができます。
さらに、仮に事件が起訴されてしまった場合は、弁護士が裁判所にご相談者様の保釈を請求し、保釈金を納付して留置場から釈放されることになります。

強制わいせつ事件で起訴されても、弁護活動によっては刑務所に入らないで済みます。

裁判で検察官から懲役刑を求刑されているにも関わらず、刑務所に入らないためには、裁判官から執行猶予付きの判決を獲得する必要があります。
執行猶予付きの判決を獲得するためには、裁判において、弁護士を通じてご相談者様に有利な証拠を提出し、裁判官の心証を良くしていくことが大切です。
強制わいせつ事件の場合は、相手方(被害者)がいる犯罪ですので、弁護士を通じて被害者と示談を締結し、示談書や嘆願書などが入手できれば、ご相談者様に非常に有利な証拠になります。
他方で、ご相談者様がわいせつ行為をしていないにも関わらず、強制わいせつの容疑で起訴されてしまった場合は、弁護士を通じて無罪を主張し、検察側の証拠を争うことで、無罪判決を獲得していくことになります。

強制わいせつ事件の動向

平成21年に全国で発生した強制わいせつ事件の認知件数は6,688件(前年比423件減少)で、平成16年以降6年連続の減少となりました。そのうち、街頭における強制わいせつが3,994件(前年比267件減少)で、全体の約60%を占めています。
発生状況としては、道路上、駐車場、公共交通機関内の順に多くなっており、22時から24時の間に最も多く発生しています。電車内の痴漢行為は、通常各都道府県の制定する迷惑防止条例違反として立件されますが、態様が悪質と判断された場合、強制わいせつ罪で立件されることがあります。
被害者は20代未満の女性が最も多く、手段としては成年の単独犯によるものが全体の90%以上を占めています。

参考資料:平成22年 犯罪白書(警察庁)

アトムによる強制わいせつ事件の解決例

罪名 事件の概要 解決例
強制わいせつ
(222号事件)
ご依頼者様(調理師、40代男性、前科なし)が、居酒屋の女子トイレの中で、同僚の女性に抱きつき、無理やり乳房を揉み、口淫させた容疑で逮捕された事件。 逮捕される前に事件を受任。弁護活動により被害者と示談が成立し、告訴の取り消しを得たため、ご依頼者様は直ちに留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した。
住居侵入3件
準強制わいせつ2件
(215号事件)
ご依頼者様(大学生、20代男性、前科なし)が、わいせつの目的で、同じマンションに住む女性の部屋に侵入し、熟睡する同女の乳を揉んだ容疑で逮捕された事件。余罪多数。 逮捕された後に事件を受任。弁護活動により被害者全員と示談が成立し、告訴の取り消しを得たため、ご依頼者様は直ちに留置場から釈放され、事件はすべて不起訴で終了した。
建造物侵入
強制わいせつ
(20号事件)
ご依頼者様(会社員、30代男性、前科なし)が、わいせつの目的で、公園の女子トイレに侵入し、女児(当時8歳)の服を脱がせ、上半身を裸にした容疑で逮捕された事件。 逮捕された後に事件を受任。弁護活動により被害者と示談が成立し、告訴の取り消しを得たため、ご依頼者様は直ちに留置場から釈放され、事件は不起訴で終了した。

より詳しいアトムの解決事例はこちら

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。